×
165
求人
ISSEY MIYAKE
企画テキスタイル(Issey Miyake)
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
販売促進
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
国内営業
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
人事採用担当
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
海外営業
正社員 · 東京都
DIESEL
アパレル販売スタッフ【正社員】
正社員 · 木更津市
SHISEIDO
Imc Manager/ Staff, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
NEW ERA
デジタルマーケティング スペシャリスト/プロフェッショナル(正社員)
正社員 · 東京都
Y'S
アトリエスタッフ【中途採用】
正社員 · 東京都
Y'S
Wildside Yohji Yamamoto Ecサイト運営
正社員 · 東京都
Y'S
国内営業スタッフ【中途採用】
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Campaign Management & Client Insights Manager
正社員 · 東京都
GUCCI
Digital Operations Manager Japan
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Manager, Digital Architecture, Digital Transformation Office
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
E-Commerce Director
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Global Procurement Excellence Group
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Lead For Marketing (Gbsl - Ctm)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Expert For Otc
正社員 · Tokyo
AESOP
CRM Coordinator
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
CRM Manager, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
AESOP
Accounting Manager (アカウンティング マネージャー)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Associate Brand Manager, Product Innovation Group, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
By
fashionsnap
掲載日
2016/11/10
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

65歳以上の"超オトナ"がジャック 下関大丸が写真館に

By
fashionsnap
掲載日
2016/11/10

 下関大丸で「超オトナ写真館」が11月9日にスタートした。「超オトナ写真館」は、下関在住の65歳以上の男女を「超オトナ」と位置づけ、プロのスタイリストやカメラマンによって撮り下ろした写真を、館全体を写真館に見立てて展示するイベント。同日行われたオープニングセレモニーにはモデルとして参加した「超オトナ」30組中27組も登場し、地元のテレビ局や新聞社などから取材陣が訪れた。会期は11月22日まで。

下関大丸外観 Fashionsnap


 「超オトナ写真館」では、下関大丸の地下1階から7階にパネル30枚とバナー90枚の計120枚の写真を展示。参加したきっかけは「娘が応募していた」「手術後、夫婦そろっての記念に」「元気なうちに写真を撮っておきたいと思って」など様々だが、参加者は実際に展示された写真パネルを見て「全然ちがう!」と自身の変身ぶりに驚いた様子だった。普段は人前に出るのは苦手という人が多く、「昔、下関大丸で開催された赤ちゃんの写真コンテストで娘が最優秀賞に選ばれ、そのご縁もあって」と参加を決めた松田さん夫妻は、メリーゴーランドに乗って撮影。「恥ずかしかったけど、やってるうちにだんだんその気になっていた」と振り返った。80歳の松岡さんは、黒や白など落ち着いた色の服を着ることが多いというが今回は「生まれて初めて着る」ピンク色のアイテムを着て撮影に挑んだ。他の参加者も、普段と違う体験に「新鮮な気持ちになった」「我ながら結構いけるなと自分を見直した」「いい冒険ができた」と好評で、「遺影にしても良いくらい綺麗に撮ってもらえた」という声も上がった。
 
 同イベントは、下関大丸の有志メンバー11人による新たな部署「特大の丸室」が、客が本当に喜ぶ"特大の丸"を生み出すことを目的に立ち上げた「特大の丸プロジェクト」の第1弾。総務や経理、食品、婦人服、紳士服など様々な部門を横断したメンバー構成で、プロジェクトリーダーを務めた濱村光高(下関大丸 業務推進部 経理)は「前例のないことだったためアイデアを形にするのが難しかったが、様々な部署の人が集まることで異なる視点やスパイスを加えることができた」と話した。今後も「下関に住んでいて良かったと思ってもらえるような企画を考えている」という。

 下関大丸の客の平均年齢は60歳以上で、70代がボリュームゾーンとなっている。西尾聡 下関大丸代表取締役社長兼特大の丸室室長は、同企画の狙いについて地域との密接な関係作りに加え「本州の西の端にある下関や下関大丸の元気を発信すること」と話す。今後もアクションを起こして「下関や、全国の『超オトナ』、そして百貨店が変わるような刺激をもたらすことができれば」としている。また内部に対しては「今回、店全体や下関市などそれぞれの仕事の枠を飛び越えたところで行動を起こせた」とし、今回のような企画が自然発生的に生まれるような組織の活性化に繋げたい考えだ。
 

Copyright © 2022 Fashionsnap. All rights reserved.