×
36
求人
L'OREAL GROUP
Japan CRM Manager (IT)
正社員 · Tokyo
NIKE
Manager, Nddc (Nike Direct Digital to Consumer) Experience Operations - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Digital Marketing Manager, Communication Platforms
正社員 · Tokyo
NIKE
Manager, Marketing Project Management - Japan
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan (Senior) Product Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Luxe, Giorgio Armani Beauty)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Active Cosmetics Division, la Roche-Posay)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Data Strategy Director/Manager (Cdo)
正社員 · Tokyo
PUMA
Content Management Manager, E-Commerce
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Nike Direct Digital Commerce (Nddc) Site Merch Specialist
正社員 · Tokyo
NIKE
Snkrs Producer
正社員 · Tokyo
BEAUTYSTREAMS
Seeking Social Media & Product Bank Interns Japan Related Content
インターン · TOKYO
BEAUTYSTREAMS
Seeking Social Media & Product Bank Interns Japan Related Content
インターン · TOKYO
L'OREAL GROUP
Japan Retail Design Group Manager (Luxe)
正社員 · Tokyo
PUMA
Controller/Specialist (fp&a)
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator Factory Outlet | Gotemba Premium Outlet
正社員 · Shizuoka
LULULEMON
Educator | Add Store Name Here
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan E-Commerce Customer Care Agent
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Finance Accountant
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Consumer Market Intelligence Researcher
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital & Social Specialist (Cdo)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Oms(Order Management System) Expert
正社員 · Tokyo
掲載日
2013/05/01
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

Eコマース:日本向けECサイトを開設している海外ブランドはわずか48%

掲載日
2013/05/01

 米シンクタンクL2が発表した「Digital IQ Index(デジタルIQ指数)」によると、日本で人気の高いプレステージブランドのトップ10には「Gucci(グッチ)」、「Clinique(クリニーク)」、「Tiffany(ティファニー)」、「l’Occitane(ロクシタン)」、「Estée Lauder(エスティ ローダー)」、「Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)」、「Burberry(バーバリー)」といった大手有名ブランドが顔を揃える。しかし、日本人によるオンライン購入は好調であるにもかかわらず、日本向けのECサイトを開設するブランドは少ないという。



 2012年、日本は高級品市場におけるシェア世界2位の座を中国に譲ることとなった。とはいえ、「高級品の購入を控える」と答えた日本人は全体の20%未満にすぎない。スマートフォンやタブレットの所有率が68%に上る20代から30代の消費が、特に好調のようだ。一方で、L2によると、高級ブランドの多くが日本でのEコマース事業を軽視しているという。

 日本でECサイトを開設している大手ブランドは全体の48%、日本語版サイトを開設しているブランドは約半数にすぎない。また、スマートフォンなどモバイル機器を通じたオンラインショッピングは全体の4分の1を占めるにもかかわらず、モバイルサイトを提案しているのはブランド全体の50%にとどまっている。その結果、GoogleやYahooの検索結果ランキングから大手ブランドの3分の1が姿を消したという。ソーシャルネットワーキング・サービスにおける日本人消費者のブランド・コミットメントはアジアでも上位だが、大手ブランドのうち、日本語版のFacebookページを持つブランドは39%、twitterで日本語ツイートを発信しているのは35%にすぎない。

 日本における高級ブランド販売経路としては百貨店展開が主流だが、百貨店での売上は過去60年以上にわたり減少してきている。一方、Eコマース売上高は1999年から2012年にかけて18%近く増加し、4兆1050億円に上る。日本のEコマース市場は今後、海外大手ブランドにとって大きな可能性を持つ市場となるはずだ。

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com