H&M、フェイスブック情報流出事件の内部告発者クリストファー・ワイリー氏をアドバイザーに起用

 H&Mが、フェイスブックの情報流出事件で内部告発をした人物をアドバイザーに迎えた。

DR

 クリストファー・ワイリー(Christopher Wylie)氏は昨年12月からリサーチディレクターとして働いているという。H&Mがドイツ通信社に明かした。同氏はグループ内で、コンシューマー、プロダクト、マーケットの分析能力向上に寄与するほか、AIのサステナブル(持続可能)でエシカル(倫理的)な形態を模索していく。
 
 ワイリー氏はすでに倒産した英政治コンサルティング会社ケンブリッジ・アナリティカの元社員で、同社にはフェイスブックの個人情報を不正に取得した疑いがかけられていた。カナダ出身のクリストファー・ワイリー氏は、昨年秋に内部告発を行った一人だ。

 
ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - その他人事
新規登録