×
190
求人
UKA
レセプショニスト
正社員 · 東京都
AESOP
アカウンティング マネージャー
正社員 · 東京都
AESOP
Accounting Manager (アカウンティング マネージャー)
正社員 · Tokyo
Y'S
営業アシスタント
正社員 · 東京都
Y'S
国内営業スタッフ
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Store Planning Senior Project Manager
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Back Office Specialist
正社員 · 東京都
GUCCI
Client Data & Insights Manager
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Group Manager, Logistics Service Group, Global Logistics Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Associate Brand Manager, Product Innovation Group, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
BAROQUE JAPAN LIMITED
人事労務担当
正社員 · 東京都
BAROQUE JAPAN LIMITED
Ecサイト運営担当
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
【正社員】アプリエンジニア
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
【正社員】システムインフラ担当 ※インフラをメインとした新規システム企画
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
プロジェクトマネジャー
正社員 · 東京都
RESTIR
Ec事業部 メンズ 営業/企画
正社員 · 東京都
RESTIR
Ec事業部 ウィメンズ 営業/企画
正社員 · 東京都
RESTIR
ロジスティクス
正社員 · 東京都
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Area Manager, Strategy & Business Development, Cle de Peau Beaute Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
資生堂インタラクティブビューティー株式会社 HR Generalist / HR Manager
正社員 · Tokyo
掲載日
2019/10/29
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

H&MグループCEO、"エコ緊縮"による経済への打撃を懸念

掲載日
2019/10/29

 今日の消費決定要因として大きな比重を占めつつあるのが、環境保護・サステナビリティだ。しかし、ファッション産業のエグゼクティブの間には、雇用の減少といった点において、エコのための極端な締め付けによる二次被害を懸念する向きもある。

H&M - COS


 H&Mグループのカール=ヨハン・パーソン(Karl-Johan Persson)CEOはブルームバーグのインタビューに対し、「活動するのも、消費するのも、旅行するのもだめ」と消費者を扇動することは、「確かに環境への負荷を少しは軽減するかもしれないが、社会に対して大きな影響を与えることになるだろう」と話した。
 
 ファッションは特に環境負荷の高い産業で、世界で排出される温室ガスのうち10%がアパレル業界に関連したものであると言われている。環境活動家たちの矛先が向かうことも少なくない。

 毛皮廃止、サプライチェーンの労働環境改善、サステナブルな素材の使用などが従来の環境活動で叫ばれていたお題だが、しかし今年になって大きな変化が表れてきた。環境活動家たちは、今や飛行機での移動や新たな消費自体を自粛するよう呼びかけており、これはファストファッション企業だけでなく、その需要で成り立っている国の経済にも打撃を与え始めている。
 
 「気候変動は大変深刻な問題だ」としたうえで、「政治家や企業、個人のレベルで真摯に向き合わなければならない課題ではあるが、同時に貧困の撲滅という要素もまた重要ではないか」とパーソンCEO。
 
 サステナビリティへの取り組みではファストファッション業界をリードするH&Mグループ。「環境負荷を減らす一方で、雇用の創出や福利厚生の向上に取り組む必要がある。これは経済成長なしでは成り立たないものだ」という見解を示した。
 
 また、グループには「環境に関するイノベーション、再生可能なエネルギー、エコな素材の開発」を続けるという大きな目標があるとも明かした同氏。すでにH&Mは、工場にソーラーパネルを導入したり、素材の再利用方法を研究したり、あるいは柑橘類の皮や漁網などから生成した新たなサステナブル素材を取り入れたりと、様々な取り組みを行っているという。

 2040年までに"クライメット・ポジティブ"を実現するという目的を掲げているH&Mグループだが、すでにオーガニック・リサイクルコットンの使用量では世界でも有数の企業となっている。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2022 FashionNetwork.com