H2O/4~12月、改装費用増・災害の損失で営業利益9.4%減

 エイチ・ツー・オー リテイリングが1月31日に発表した2019年3月期第3四半期の連結決算は、売上高7004億600万円(前年同期比1.6%増)、営業利益162億7700万円(9.4%減)、経常利益169億8900万円(13.5%減)、純利益62億2700万円(59.0%減)となった。

阪急うめだ本店 - Image: H2O

 売上面は、堅調な国内需要とインバウンド需要の拡大で好調に推移した百貨店事業が全体を牽引し、増収だった。

 利益面では、阪神梅田本店において建て替え工事が第2期棟へ移行し売場面積が約2割減少していることに加え、第1期棟のオープンにより減価償却費などの費用が大幅に増加したことから、営業利益、経常利益が減少。

 地震や台風などに伴う災害関連の損失60億7000万円を特別損失に計上したことなどにより、純利益も大きく減益となった。

 百貨店事業は、阪急メンズ大阪を含めた阪急本店の売上高は前年同期比5.0%増と好調。

 支店でも、2017年11月に開業以来最大規模の改装を行った博多阪急が、「ハレ」マーケットに対する反応が良く広域からの集客力がアップしたこともあり好調に推移し、支店合計の売上高3.4%増だった。

 百貨店事業の売上高は3381億1400万円(前年同期比1.8%増)、営業利益132億4700万円(4.5%減)。

 2019年3月期通期の連結決算は、売上高9370億円(前期比1.6%増)、営業利益208億円(8.6%減)、経常利益215億円(11.4%減)、純利益100億円(31.7%減)を見込んでいる。



Copyright © 2019 All rights reserved.

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - シューズファッション - その他ラグジュアリー - ウェアラグジュアリー - その他フレグランスコスメ美容 - その他観光ライフスタイル - その他ビジネス
新規登録