×
By
fashionsnap
掲載日
2021/03/22
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

J.フロント リテイリング、性別移行支援休暇の新設発表 就業規則を改定

By
fashionsnap
掲載日
2021/03/22

 大丸松坂屋百貨店やパルコを展開するJ.フロント リテイリングが、3月から就業諸規則の一部を改定し、「同性パートナーシップ規則」を制定すると共に、「性別移行支援休暇」を新設したことを発表した。ダイバーシティ経営を推進するため、全ての従業員がそれぞれの個性を発揮し、活躍できる環境・仕組み作りの一環として、LGBTに関する取り組みも積極的に推進しているという。




 同社はグループヴィジョンの達成に向けてダイバーシティの推進を重要課題の一つとして定めており、従業員の基本的な行動指針を定めた行動原則において、性的指向や性自認への差別とハラスメントの禁止を明文化している。また、経営層や各事業会社の人事部門責任者に対し、外部講師による研修を実施。今後、より多くの従業員を対象としたEラーニング研修や社内啓発活動を予定するという。
 同性パートナーシップ規則では、会社指定の手続きを行うことにより、同性パートナーを婚姻に相当する関係として認定。現行規則において婚姻や配偶者に適用される就業規則や、その他の諸規則について適用の対象となる。
 性別移行支援休暇では、性同一性障害の従業員がホルモン治療や性別適合手術、術前術後の診察を受ける場合に、必要な日数を直近2年間に失効した年次有給休暇から取得できるようにする。

■J.フロント リテイリング:公式サイト

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.