×
By
fashionsnap
掲載日
2020/09/10
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

JCペニーが小売施設などの資産を不動産企業に売却、総額1855億円

By
fashionsnap
掲載日
2020/09/10

 米国小売大手のJCペニー(J.C.Penney)が、商業用不動産企業のブルックフィールド・プロパティ・パートナーズ(Brookfield Property Partners L.P.)とサイモン・プロパティ・グループ(Simon Property Group)に、実質的に全ての小売施設や、棚卸資産などの営業資産を売却したと発表した。売却額は総額17.5億ドル(1855億円、1ドル=106円)にのぼる。

JCペニー 公式サイトより


 JCペニーは、米国とプエルトリコに約850店舗を展開していたが、新型コロナウイルスによる休業の影響で40億ドルにのぼる債務の返済に困窮。今年5月には、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を米テキサス州の破産裁判所に申請していた。

 売却時の対価は、現金のほか新規タームローンによる借入金で構成。売却資産には、JCペニーが保有する161の不動産や、自社保有の配送センターが含まれるという。JCペニーのCEOを務めるジル・ゾルタウ(Jill Soltau)は売却について「店舗の営業や従業員の雇用を継続しながら、利害関係者の価値を最大化するための最善策であると考えている。サプライヤーとシームレスに連携しながらお客様の役に立てるようこれからも注力し、JCペニーの名の下に、全ての利害関係者にとっての最善のパートナーであり続けたい」とコメントを発表している。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.