×
掲載日
2019/05/20
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

JR西日本/28施設・3000店でPayPay、LINE Payなど9のスマホ決済導入

掲載日
2019/05/20

 JR西日本グループは5月20日、28の商業施設・約3000店舗でコード決済・電子マネー決済を拡充すると発表した。

28施設・3000店でコード決済・電子マネー決済を拡充f


 すでに導入済みのクレジットカードや交通系電子マネー決済に加え、合わせて9ブランド(PayPay、 Line Pay、Origami Pay、メルペイ、楽天ペイ、D 払い、AU Pay、アリペイ、WeChat Pay)のバーコード決済を導入。
 
 また、7ブランドの電子マネー決済(交通系IC、ID、Quicpay、Nanaco、PiTaPa、楽天Edy、Waon)を利用できるようになる。

 具体的には、5月21日から天王寺ミオ・和歌山ミオで利用開始し、6月にはアルビ大阪、アルビ住道、エスト、アルデ新大阪で順次採用していく。
 
 2020年2月までに全28施設へ導入する。
 
 バーコード決済は、新規参入によるブランドの拡大が急速に進む一方、主要なバーコード決済全てに対応できるショッピングセンターはまだ少ないという。
 
 このような中、全国に先駆けて主要なバーコード決済や電子マネーを幅広く利用できる環境をいち早く整えることで、さらなる利便性を提供し、キャッシュレス利用を推進する。



Copyright © 2019 All rights reserved.

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com