Kōki,が「シャネル」ビューティー日本初のアンバサダーに就任

 木村拓哉・工藤静香夫妻の次女Kōki,が、日本初となる「シャネル(Chanel)」ビューティーアンバサダーに就任した。9月28日から東京で開催される「シャネル マツリ(Chanel Matsuri)」の会場で行われた記者会見で発表された。

記者会見に登場したKōki, -Image by: Fashionsnap.com/©Chanel

 Kōki,は、日本人初となるビューティーアンバサダーの就任について「最初話を聞いたときには夢にも思わなかったので本当に嬉しかったです」とコメント。シャネルは自身にとっても魅力的なブランドだといい、「シャネルのポーチや小さいバッグを持つととてもテンションが上がります」と笑顔で語った。9月から始まるアンバサダーの活動については「ひとつひとつの経験を宝物にして頑張っていきます。これから仕事の際にメイクをすることが多いと思いますが、シャネルのコスメの素晴らしさを皆さんに紹介できたら嬉しいです」と意気込みを語った。会見にはシャネルの服を着用して登場。メイクには10月5日に発売される新作リップ「ルージュ アリュール リクィッド パウダー」の956番や、香水「アリュール」が使われた。

 「シャネル マツリ」では日本の祭りをイメージしたフォトジェニックな会場で新作が自由に試せるイベントを展開。Kōki,は「お祭りだけということでもすごくワクワクしましたが、シャネルの素敵なコスメがこんなにたくさん試せて本当に嬉しかったです」と感想を語った。

 Kōki,は今年5月に雑誌「エル・ジャポン(Elle Japon)」7月号の表紙を飾りモデルデビュー。7月に発表されたシャネルの2018-19年秋冬 オートクチュール コレクションのショーではゲストとして来場し、8月には日本初かつ世界最年少で「ブルガリ(Bvlgari)」のアンバサダーに抜擢されるなどファッション業界で活躍の場を広げている。
 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

フレグランスコスメ広告・キャンペーン
新規登録