LVMHグループ、2018年は10%の増収 再び最高記録更新

  LVMHグループが発表した2018年決算は、売上高が10%増の468億ユーロ(約5兆8500億円)と過去最高記録を更新した。オーガニックグロースは11%で、「全事業で素晴らしい業績を記録した」という。

Louis Vuitton

 中国市場の減速や、フランス国内の「黄色いベスト」運動などが影響したものの、特に「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」ブランドが好調となりけん引した。

 核となるファッション&レザーグッズ部門は年末に加速し、第4四半期には11%という予想を大きく上回り17%の成長を記録。1-9月の段階では14%にとどまっていた。

 営業利益も100億ユーロ(約1兆2400億円)で、21%増と大幅に伸長した。営業利益率は1.9ポイント伸びて21.4%だった。純利益は18%増の64億ユーロ(約8000億円)。

 「売上高も利益、どちらも再び最高記録を更新した。特に営業利益は100億ユーロの壁を突破した。ブランド、クリエイティビティ、商品の品質、消費者へ提供する購入体験、人材、チームの献身、すべてがグループの強みとなり、他に差をつけることが叶っている。2019年も、ダイナミックなイノベーションと目的を絞った投資を続け、伝統と現代性、長期的な視点と即時性、そして経営理念と責任感をもって取り組んでいく。先行きは不安定だが、傘下のブランドの魅力とチームの能力を信じ、2019年も高品質な商品を追求するつもりだ」とベルナール・アルノー(Bernard Arnault)会長兼CEOはコメントしている。


(2019年1月29日現在、1ユーロ=125円で換算)



with Reuters

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ラグジュアリー - ウェアラグジュアリー - アクセサリー・雑貨ラグジュアリー - その他ビジネス
新規登録