LVMH、時計の専門技術を学ぶコースを創設

 LVMHグループが、傘下のブランド「タグ・ホイヤー(TAG Heuer)」、「ゼニス(Zenith)」と協力し、高級時計の専門技術を学ぶコースを創設した。2014年に立ち上げた「アンスティテュ・デ・メティエ・デクセランス(Institut des Métiers d’Excellence、以下、IME)」とも連携する。

LVMH
 
 この時計学校は、グループのウォッチ部門プレジデント、ジャン=クロード・ビヴェ(Jean-Claude Biver)氏と、人事マネージャーのシャンタル・ガンペルル(Chantal Gaemperle)氏が主導して実現したものだという。
 
 初年度は12人の時計職人候補が参加し、スイスにある「タグ・ホイヤー」の工房でブランドの「イノベーティブでアヴァンギャルドな精神」に触れる予定だ。また、「ゼニス」では、「時計職人の伝統と匠の技」を学ぶ。
 
 他にも、「IME」プログラムとの提携により、他にも様々なグループ傘下の時計ブランドが行うマスタークラスに参加できる。
 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

ラグジュアリー - その他産業
新規登録