×
587
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

LVMH、第1四半期は15%の増収

By
AFP
掲載日
today 2017/04/11
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 LVMHが発表した17年度第1四半期業績は、売上高が15%増の98億8000万ユーロ(約1兆1600億円)となった。どの事業も好調に推移したほか、比較基準もプラスに影響した。

DR


 オーガニックグロースも13%と大きくなった。16年通期では6%、前年同期では3%だったという。
 
 グループは、「全ての事業が業績拡大に貢献した。アジア、欧州、米国で増収となっている」と強調している。

 一方で、「特にヨーロッパ市場は2015年11月にパリで起きたテロに打撃を受けており、前年同期の比較基準が低いという影響もある。現時点での傾向を、通期に当てはめて考えることはできない」とも述べた。
 
 ベルナール・アルノー(Bernard Arnault)CEOも、1月の16年通期業績発表の場で、2017年について「第1四半期は比較的好調な数字が期待できる」としていたものの、第2四半期に関しては、「一層厳しくなるだろう」とも話していた。
 
 17年第1四半期の売上高は、ファクトセットのアナリスト予想平均である9.3%増95億3000万ユーロ(約1兆1200億円)を上回っている。
 
 主要事業であるファッション&レザーグッズ部門は、「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」ブランドがけん引し、売上高34億ユーロ(約3992億1200万円)、オーガニックグロース15%を記録した。前年16年通期の同部門オーガニックグロースは4%だった。
 
 デューティーフリーチェーンの「DFS(ディーエフエス)」や化粧品チェーン「セフォラ(Sephora)」などを展開するセレクティブ・リテ―リング部門も、売上高31億5000万ユーロ(約3698億5800万円)、オーガニックグロース11%とファッション・レザーグッズに肩を並べている。
 
 ワイン&スピリッツ部門の売上高は13%増の11億9000万ユーロ(約1397億2400万円)。パフューム&コスメティックスが12%増の13億9000万ユーロ(約1632億700万円)、そしてウォッチ&ジュエリーが11%増の8億7900万ユーロ(約1032億800万円)となっている。
 
 グループは通期の見通しを発表していないものの、「先行きが不透明な状況が続く中で、引き続き各ブランドの価値を高めることに注力し、コストを最大限に管理して狙いを定めた投資を行っていく」としている。また、「2017年には、高品質な商品を更に強化する」という。

 
(2017年4月11日現在、1ユーロ=117円で換算)
 

無断複製・無断転載禁止
© 2019 Agence France-Presse
この記事(もしくはこのページ全体)にある情報は、フランス通信社の権利下にあります。 フランス通信社の許可なくこれらの情報を複製・編集・転載・翻訳・商業利用・その他再利用することは硬く禁じられています。フランス通信社は、遅延・誤り・ 遺漏、あるいはこのページの情報を元に行われた行為やその結果に対して、一切の責任を負いかねます。

こちらもどうぞ