×
134
求人
NIKE
j30 Project Management Office Manager
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Team Sales Manager
正社員 · Tokyo
PUMA
HR Business Partnering
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Controlling Specialist, Financial Accounting Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
NIKE
Operations & Logistics Technical Business Systems Analyst, Global Technology - Japan
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Category Extension Group, Marketing Dept., Sgbu
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - 365 Creative Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
By
fashionsnap
掲載日
2021/07/27
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

LVMHグループ2021年上半期は売上増 ルイ・ヴィトンやディオールがけん引

By
fashionsnap
掲載日
2021/07/27

 LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン グループ(以下、LVMH)が、2021年度上半期の決算を発表した。売上高は286億6500万ユーロ(約3兆7278億円)で前年同期比56%増、2019年同期比14%増と好成績を収めた。また、純利益は52億8900万ユーロ(約6878億円)を計上。前年同期から10倍、2019年同期でも62%増の伸び率を示し、第1四半期に続いてコロナ以前よりも好調な業績となった。



 特にファッション&レザーグッズ部門の売上高は前年同期比74%増、2019年同期比38%増の138億6300万ユーロ(約1兆8028億円)を計上し、勢いを見せている。「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「ディオール(DIOR)」「ロエベ(LOEWE)」「フェンディ(FENDI)」「セリーヌ(CELINE)」が売上をけん引し、ディオールはすべてのカテゴリーで成長が見られたという。

 傘下に収めた「ティファニー(Tiffany & Co.)」が相乗効果を発揮し、ウオッチ・ジュエリー部門の売上高は前年同期の3倍にあたる40億2300万ユーロ(約5231億円)だった。ティファニーでは米国とアジアでのシェアを伸ばした。一方で、香水・化粧品部門とセレクティブ・リテーリング部門の売上高は2020年同期実績を超えることができたが、2019年同期比ではマイナスとなった。

 地域別では米国、アジア(日本を除く)、日本、ヨーロッパのすべてのエリアで前年同期実績から2桁増となった。第1四半期では減収となったヨーロッパ地域は第2四半期単体で87%増と急回復した。2019年同期実績を超えたのは米国(23%増)とアジア(30%増)で、日本は3%減、ヨーロッパは16%減となった。
 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.