×
掲載日
2020/03/23
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

LVMH、ティファニー株市場内取引の噂を否定

掲載日
2020/03/23

 LVMHグループは、ティファニー社(Tiffany & Co.)の株式を市場内取引で取得するのではないかという噂を公式に否定した。

Instagram: @tiffanyandco


 「LVMHがティファニー株を市場内取引で取得するのではという噂が最近出回っていますが、201911月にティファニーとの間で成立した同意に基づき、ティファニーの株式を市場内取引で買い付けるという事実はありません」と声明では述べられている。
 
 昨年11月、LVMHとティファニー社は、一株あたり135ドル、総額162億ドル(約17900億円)での公開買い付け(TOB)に合意した。
 
 しかし、今月20日には、ブルームバーグにより、情報筋の話として、LVMHによる市場内取引の可能性を示唆する報道がなされた。
 
 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界の株式市場は大きく下落している。ティファニー株も、20日の終値は125.44ドルまで下げた。
 
 また、同日20日には、11-3月期の業績も発表したティファニー。コロナ禍以前の業績はアナリスト予想を上回っていた。
 
 他のラグジュアリーブランドと同様に、ティファニーも多くの店舗を閉鎖しているのが現状だ。もちろん、ニューヨーク五番街にある旗艦店も例外ではない。

 
2020323日現在、1米ドル=111円で換算)
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com