×
483
求人
COACH
Manager, Retail Customer Engagement (Tapestry)
正社員 · 東京
コンデナスト・ジャパン
Vogue Digital Marketing&Operation Specialist
正社員 · 東京
コンデナスト・ジャパン
Vogue Digital Creative Producer
正社員 · 東京
BARNEYS NEW YORK
【正】総務スタッフ:本社
正社員 · 東京
コンデナスト・ジャパン
Digital ad Operation Specialist
正社員 · 東京
AESOP
Retail Training & Performance Manager
正社員 · 東京
株式会社サザビーリーグ
販売促進担当(セールスプロモーション担当)Artida Oud(アルティーダ ウード) 
正社員 · 東京
L’ORÉAL GROUP
Japan Group/Senior Product Manager (Ppd, l'Oreal Professionnel)
正社員 · Tokyo
L’ORÉAL GROUP
Japan CRM Operation Specialist (Luxe, Digital)
正社員 · Tokyo
L’ORÉAL GROUP
Japan Brand E-Business Shop-iN-Shop Project Manager(Luxe, Digital)
正社員 · Tokyo
BAYCREW'S GROUP
マーケティング担当(メール/Sns、自社、業界最大級のEcサイト)
正社員 · 東京
AESOP
Marketing Coordinator
正社員 · 東京
CHRISTIAN DIOR
Supply Chain Assistant Manager
正社員 · 東京
AESOP
Hrコーディネーター(採用中心)
正社員 · 東京
HUBLOT
PR&ad Manager
正社員 · 東京
LVMH WATCH & JEWELRY JAPAN
ロジスティクス プロダクツオペレーション リーダー
正社員 · 東京
ステラ マッカートニー
Logistics Assistant (Import/Export Coordinator)
正社員 · 東京
GUCCI
Financial Controller
正社員 · 東京
KERING
Kering Store Planning Project Coordinator
正社員 · 東京
ヴァンドーム青山
販促物企画・制作(正社員)
正社員 · 東京
(株)ユナイテッドアローズ
経理担当(①売上管理スタッフ ②経費管理スタッフ)
正社員 · 東京
FOREO
Finance Manager - Tokyo, Japan
正社員 · Tokyo

NY発バッグ「OAD New York」2018年春夏から販路拡大

By
fashionsnap
掲載日
today 2017/12/04
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 ニューヨーク在住のバッグデザイナー シドニー・スーリー(Sydney Suh-Lee)が手掛けるバッグブランド「オーエーディー ニューヨーク(OAD New York)」が、セールスとPRを担当するショールームセッション(Showroom Session)と契約し、2018年春夏シーズンから日本での展開を拡大する。

デザイナーのシドニー・スーリー(Sydney Suh-Lee) - 画像: Fashionsnap / OAD New York


 スーリーは、パーソンズ美術大学を卒業後、約10年間「ケイト・スペード(Kate Spade)」や「カルバン・クライン(Calvin Klein)」といったブランドでバッグや靴などのデザインを担当。2015年に自身のブランドを立ち上げた。
 
 ブランド名の「OAD」は、O=サークル、A=トライアングル、D=セミサークルを意味し、幾何学的なシルエットと機能的なデザインが特徴。10万円以内の中心価格帯、毎シーズン1型6~8色で展開されるアイコニックなカラー、一見シンプルなデザインだが2wayや3wayにもなる機能性がリピート購入につながっているという。

 日本ではデビューシーズンから「トゥモローランド(Tomorrowland)」が展開。2018年春夏シーズンからは「バーニーズ ニューヨーク(Barneys New York)」「ユナイテッドアローズ(United Arrows)」「ロンハーマン(Ron Herman)」「ガリャルダガランテ(Gallardagalante)」など10店舗で新たに取り扱いがスタートする。特にバーニーズ銀座本店では幅広いラインナップでの展開を予定。
 
 日本で支持される理由について、スーリーは「機能性、ミニマルデザイン、カラー、価格帯の全てが、日本のお客様が求めていたものと合致したんだと思う」とし、また以前のキャリアでは日本のマーケットを担当していたことも影響していると話した。今後について「機能性は残しつつ、素材や形などで新しいものを作りたい」と語った。ニューヨークでは、2018年春夏シーズンから大手百貨店サックス・フィフス・アヴェニュー(Saks Fifth Avenue)での取り扱いも決まっている。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.