×
190
求人
UKA
レセプショニスト
正社員 · 東京都
AESOP
アカウンティング マネージャー
正社員 · 東京都
AESOP
Accounting Manager (アカウンティング マネージャー)
正社員 · Tokyo
Y'S
営業アシスタント
正社員 · 東京都
Y'S
国内営業スタッフ
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Store Planning Senior Project Manager
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Back Office Specialist
正社員 · 東京都
GUCCI
Client Data & Insights Manager
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Group Manager, Logistics Service Group, Global Logistics Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Associate Brand Manager, Product Innovation Group, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
BAROQUE JAPAN LIMITED
人事労務担当
正社員 · 東京都
BAROQUE JAPAN LIMITED
Ecサイト運営担当
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
【正社員】アプリエンジニア
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
【正社員】システムインフラ担当 ※インフラをメインとした新規システム企画
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
プロジェクトマネジャー
正社員 · 東京都
RESTIR
Ec事業部 メンズ 営業/企画
正社員 · 東京都
RESTIR
Ec事業部 ウィメンズ 営業/企画
正社員 · 東京都
RESTIR
ロジスティクス
正社員 · 東京都
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Area Manager, Strategy & Business Development, Cle de Peau Beaute Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
資生堂インタラクティブビューティー株式会社 HR Generalist / HR Manager
正社員 · Tokyo
By
AFP-Relaxnews
掲載日
2017/02/16
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

NYファッションウィーク:「マイケル・コース」、プラスサイズモデルを起用

By
AFP-Relaxnews
掲載日
2017/02/16

  「マイケル・コース(Michael Kors)」が2月15日にニューヨークで行ったランウェイショーでは、同ファッションウィークで初めてプラスサイズのモデルを起用、華やかなファーとモノクロのルックに満ちたコレクションを披露した。

ランウェイに登場したアシュリー・グラハム Michael Kors AW17 ©Angela Weiss / AFP - DR


  ショーに登場したアシュリー・グラハム(Ashley Graham)は、ヴォーグ誌で表紙を飾った初めてのプラスサイズモデルでもある。ウェストマークした深いスリット入りのブラックドレスとクロップド丈のグレーのファーコートを纏って、「マイケル・コース」のランウェイを闊歩した。
 
 ユーリズミックスのナンバー、『スイート・ドリームス』が、ストリングアンサンブルによる生演奏で奏でられた。ミュージシャンも、ファーコート、イブニングドレス、メタリックに身を包む。

 ガンメタルグレイを纏ったベラ・ハディッド(Bella Hadid)や、ブラックタッセルのイブニングドレスでショーを締めくくったケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)など、旬のモデルの姿も。
 
 チョコレートブラウン、キャメル、オリーブ、といった単色使いのルックや、ルーズなスエードブーツ、アシンメトリーなカットワーク、そしてシルバーやゴールドのクラッシーなドレスなどが登場。
 
 非常にニューヨーク的なスタイルに仕上がったコレクションには、ドレープドレス、スカート、テーラードジャケットとスタイリングしたブラウス、そしてウェストをマークしたシルエットは、コースの言う「秘めたセクシー」と「ルーズな着物とサロン(腰布)を取り入れたアーバン」を表現していた。
 
 プラスサイズモデルであるアシュリー・グラハムの起用は、マイケル・コースがランウェイにおけるサイズの多様性に目を向け始めたことの表れでもある。コースは昨年9月、「USA Today」に対し、ショーで様々なサイズに対応するのはシステム的に不可能であると話していた。
 

Copyright © 2022 AFP-Relaxnews. All rights reserved.