×
352
求人
NEWELL
E-Commerce Content Manager
正社員 · MINATO CITY
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Staff-jr.Mgr) (Luxe)
正社員 · Tokyo
COACH
sr. Manager, Retail E-Commerce
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Regulatory Strategy Group
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Brand Holder Demand Planner
正社員 · Tokyo
YOHJI YAMAMOTO INC.
国内営業スタッフ【中途採用】 (売上・在庫管理、店舗サポート業務、取引先との商談・交渉 等)
正社員 · 東京都
YOHJI YAMAMOTO INC.
営業アシスタント (売上・在庫数の集計・データ分析)
正社員 · 東京都
YOHJI YAMAMOTO INC.
Ecサイト運営 (Ecサイトの運営管理 等)
正社員 · 東京都
H&M
Content Production Manager
正社員 · SHIBUYA CITY
BARNEYS NEWYORK
【サポートオフィス】システムチームスタッフ(正社員)
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Strategic Human Resources Manager, People Division
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Staff, Social/Kol/Influencer Management, Marketing & Communica, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager/Staff, Marketing & Communication Development Department, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
資金マネージャー, 財務経理部 Treasury Manager, Financial Accounting Dept
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Product Brand Manager (Maybelline New York)
正社員 · Tokyo
NIKE
Corporate Functions Business System Analyst Lead
正社員 · Tokyo
NIKE
Node And Logistics Business System Analyst (Tokyo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Sports Marketing Director
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Legal Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
International CRM And Data Manager (Takami International)
正社員 · Tokyo
ADASTRIA
【Dx戦略部】Scm領域 プロジェクトマネージャー/リーダー
正社員 · 東京都
ADASTRIA
【マーケティング本部 Web事業部】スタジオ管理担当
正社員 · 東京都
掲載日
2012/09/12
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

NYコレクション レポート:ラコステ、プラバル・グルン、アレキサンダー ワン、リュイリエー、アルチュザラ

掲載日
2012/09/12

「Lacoste」2013年春夏コレクション(Pixelformula)

 ニューヨークで9月8日、「Lacoste(ラコステ)」、「Prabal Gurung(プラバル・グルン)」、「Alexander Wang(アレキサンダー ワン)」などが2013年春夏コレクションを発表した。

 Felipe Oliveira Baptista(フェリペ・オリヴェイラ・バティスタ)が手掛ける「ラコステ」は、同ブランドならではのスタイルを新たに解釈した、しなやかで洗練されたシルエットを提案。ミニマルなスタイルに、ラケットや黄色のボール、ポロシャツ、審判台といったテニスのモチーフを取り入れたユニークなプリント柄でひねりを加えた。ペールブルーやパールグレーのレザーを使用したアンサンブルやパーカを中心に、レディースでは、ホワイトやブラックの襟をアクセントにあしらい、ミニドレス風のショート丈がセクシーなビニール製レインコート、メンズではジョギングウエアやエレガントなポロシャツなどが登場した。

 ネパール出身の若手デザイナー「プラバル・グルン」は、ハドソン川のほとりにある巨大な倉庫でコレクションを発表。鮮やかなレッドや光沢のあるブルーなど、カラフルな色使いが印象的だった。また、オーガンザ、チュール、シルク、フリルやペプラム、オーストリッチフェザーなど、さまざまな素材が登場。プラバル・グルンはランウェイショー後、AFPに対し「自分を取り巻く社会を意識し、自信に満ちあふれた女性」をイメージしたと説明。「ぴったりとしたボディコンシャスなシルエットではなく、女性のボディラインを自然かつ優雅に引き立てるドレスで、現代らしい新たなセクシーさを表現した」という。

 一方、「アレキサンダー ワン」はフューチャリスティックなコレクションを発表した。ランウェイショーのラストには、まるでクローンのようなブロンドヘアのモデル8人が登場。会場の照明が落ちるとそれぞれのアイテムが緑がかった蛍光を発し、闇の中に妖しげに浮かび上がった。細いひもでパーツをつなぎ合わせたワンピースや、ふくらはぎが露になったレースアップのロング丈サンダルなど、独創的な手法でレザーを多用し、カラーパレットはブラック、ホワイト、シルバーの3色に限定。ボディコンシャスなノースリーブワンピース、幾何学的なカットワークから肌がのぞくチュニックなど、近未来的な中にも女性らしさを感じさせるスタイルで観客を魅了した。 

 「Monique Lhuillier(モニーク・リュイリエー)」では、「海の生物」にインスピレーションを得たプリント柄をあしらったワンピースやスカート、ボレロ、マーメイドスタイルのイブニングドレスなどが登場。カラーパレットはターコイズブルーを中心としたブルーのグラデーション。しなやかなドレープが美しいクレープ素材のドレス、トランペットラインのシルクワンピース、メタリックな刺繍を施したミニワンピース、デコルテから腕にかけて繊細なレースをあしらったロングスリーブドレスなどが印象的だった。

 今シーズンは多くのデザイナーがソフトでくつろいだ雰囲気のシルエットを取り入れていたが、8日夜になって登場したJoseph Altuzarra(ジョセフ・アルチュザラ)が手掛ける「Altuzarra(アルチュザラ)」は、ウエストを強調した細身のシルエットを中心としたウルトラフェミニンなスタイルを提案した。ボディコンシャスなペンシルスカート、ウエストを絞ったジャケット、ボリュームのあるハイネックといったグラマラスで華やかなシルエットに、きらきらと光り輝くラインストーンやゴールドのパーツを散りばめた装飾が目立ったほか、1920年代スタイルを思わせるフリンジワンピースなども登場。ジョセフ・アルチュザラは、「映画『Orlando(オルランド)』からインスピレーションを得た。女性らしさと男性らしさの間にある緊張感を表現したかった。女性の身体を引き立て、美しくセクシーな魅力を演出するカッティングを重視している」と話している。ヴァージニア・ウルフの小説を映画化した『Orlando』は、永遠の若さと命を与えられた英国の貴公子オルランドが放浪の末、永い眠りに落ち、目覚めると肉体が男性から女性に変わっていたというストーリー。

不許複製・禁無断転載
© 2023 FashionNetwork.com