NY ファッションウィーク、暫定スケジュールが発表

 アメリカファッションデザイナー協議会(The Council of Fashion Designers of America)(CFDA)が、来年2月4日~13日に開催されるニューヨーク ファッションウィークの暫定スケジュールを発表した。

コレクションを見る
Tom Ford - Spring-Summer2019 - Womenswear - New York - © PixelFormula

 初日から3日間がメンズ、その後ウィメンズという構成になっている。また、2月6日午後8時(現地時間)から行われる「トム・フォード(Tom Ford)」のランウェイは男女混合のショーになる予定だ。
 
 メンズには、南アフリカの「Lukhanyo Mdingi」やLA発「No Sesso 」、そして韓国とNYを拠点とする「Keenkee」が新規参加。
 
 パリとマドリードに発表の場を移していた「パロモスペイン(Palomo Spain)」も、初日にニューヨークへのカムバックを果たす。メンズの最終日には「ジョゼフ アブード(Joseph Abboud)」、「トッド スナイダー(Todd Snyder)」などがショーを披露する。
 
 先シーズンからニューヨークに移ってきたフランスの「ロンシャン(Longchamp)」は引き続き同地でショーを行う。
 
 一方で、有名ブランドの欠席も目立つ。前回はロンドンでブランド10周年を祝った「ヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham)」だが、今季ニューヨークへ戻って来ることはないようだ。さらに、9月には新クリエイティブディレクター、ニオール・スローン(Niall Sloan)がデビューを果たした「エスカーダ(Escada)」の名前も見えない。
 
 他にも、パリからカムバックしたばかりの「ロダルテ(Rodarte)」は、1シーズンの後に今度はLAへ場所を移すという。
 
 しかし、45周年を祝う「エリー タハリ(Elie tahari)」のニューヨーク復帰や、イタリア発ストリートブランド「パームエンジェルス(Palm Angels)」が同地で行う初のショーなど見どころも多い。

 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアラグジュアリー - ウェアファッションショー
新規登録