×
掲載日
2017/03/23
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

PVH、16年業績は予想上回る 「カルバン・クライン」と「トミー・ヒルフィガー」がけん引

掲載日
2017/03/23

 PVHが発表した16年通期業績は、売上・利益ともに予想を上回るものとなった。「マクロ経済環境が不安定であり、米国での市場競争も加速している」状況にもかかわらず、満足のいく結果が出せたとエマニュエル・キリコ(Emanuel Chirico)会長兼CEOは評している。

Calvin Klein - Fall-Winter2017 - Womenswear - New York - © PixelFormula

 
 16年のPVHグループ連結売上高は、2%増の82億ドル(約9085億8700万円)。7%増のカルバン・クライン事業と4%増のトミー・ヒルフィガー(Tommy Hilfiger)事業がけん引し、「バンヒューゼン(VanHeusen)」や「アロー(Arrow)」といったブランドで構成されるヘリテージブランド事業における10%の減収を補う形となった。
 
 「カルバン・クライン」と「トミー・ヒルフィガー」はそれぞれ国外での売上が伸び、特に欧州が大きく成長した。国外既存店売上高は、「カルバン・クライン」で6%、「トミー・ヒルフィガー」で9%の増収となっている。一方、北米市場は両ブランドとも減収で、観光地にある店舗における客数の減少が影響したという。

 17年通期売上高に関しては、前年比2%増を見込む。
 
 
(2017年3月23日現在、1米ドル=111円で換算)
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com