×
180
求人
AESOP
Accounting Manager (アカウンティング マネージャー)
正社員 · Tokyo
Y'S
営業アシスタント
正社員 · 東京都
Y'S
国内営業スタッフ
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Store Planning Senior Project Manager
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Back Office Specialist
正社員 · 東京都
GUCCI
Client Data & Insights Manager
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Group Manager, Logistics Service Group, Global Logistics Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Associate Brand Manager, Product Innovation Group, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
BAROQUE JAPAN LIMITED
人事労務担当
正社員 · 東京都
BAROQUE JAPAN LIMITED
Ecサイト運営担当
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
【正社員】アプリエンジニア
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
【正社員】システムインフラ担当 ※インフラをメインとした新規システム企画
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
プロジェクトマネジャー
正社員 · 東京都
RESTIR
Ec事業部 メンズ 営業/企画
正社員 · 東京都
RESTIR
Ec事業部 ウィメンズ 営業/企画
正社員 · 東京都
RESTIR
ロジスティクス
正社員 · 東京都
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Area Manager, Strategy & Business Development, Cle de Peau Beaute Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
資生堂インタラクティブビューティー株式会社 HR Generalist / HR Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
fp&a Manager, Region Finance Group, Strategic Finance Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Group Manager, Safety Group, Safety, Quality & Sustainability Dept
正社員 · Tokyo
By
fashionsnap
掲載日
2021/07/18
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

TOKYO BASEから若手社員が手掛けるジェンダーレスな新ブランド「リノー」がデビュー “メンズパール着用”の提案も

By
fashionsnap
掲載日
2021/07/18

 TOKYO BASEが、新ブランド「リノー(LiNoH)」を発表した。Z世代の若手社員をディレクターに起用し、同社のオリジナルブランドの中でもエッジが効いたデザインを提案。基本的にメンズ向けとしているが、ジェンダーレスかつ着用者のスタイルに合わせて様々な着こなしができるコレクションを展開していくという。



 ブランド名にある大文字の英字「L」は自由(Liberty)、「N」は新鮮(Novel)、「H」は調和(Harmony)からそれぞれ引用し、「色彩が調和する自由でロマンチックなジェンダーレスウェア」をブランドコンセプトに打ち出す。ブランドを手掛けるのは、スーツブランド「ビスポークトウキョウ(BESPOKE TOKYO)」ディレクターの高木慎也氏とステュディオス原宿本店で販売員を務める吉本悠希氏の2人。2〜3ヶ月の準備期間を経てローンチを実現させた。同社の谷正人CEOはブランディングに関与せず、2人のリアルな感性をダイレクトに反映したという。ターゲット層はZ世代やデジタルネイティブ世代を想定している。

 ファーストコレクションは29型をラインナップし、他のオリジナルブランドと同様にメイド・イン・ジャパンを徹底。メッシュニットのカーディガンやシアー素材のシャツ、マーブル模様のパンツといったウェアのほかに、パール使用したブレスレットやネックレス、パーツを組み合わせて長さを調整できるチェーンネックレス、レザーハットなどのアクセサリー・小物も充実させた。ホワイトやブラックといったベーシックカラーに加えて、淡いピンクやブルー、グリーンなどのニュアンスカラーも取り入れている。価格帯は税別4396〜34100円。7月21日にステュディオスの公式オンラインストアで販売し、翌22日からステュディオス原宿本店でも取り扱う。

 パールのアクセサリーは近年メンズのストリートで浸透しつつあり、原宿本店でもジュエリーブランド「プリーク(Preek)」に別注したパールのアクセサリーが人気を集めた。また、「ステュディオス ウィメンズ(STUDIOUS WOMENS)」の店舗に男性客が来店し、ウィメンズ商品を買うことも少なくないことから、新ブランドではジェンダーレスを打ち出したという。リアルな空気感をブランドに取り入れるため、ディレクターを担当する吉本氏はリノーのデビュー以降もステュディオス原宿本店の店頭に立ち、リノーのアイテムを着用し来店客の反応を見ながらブランド運営を行っていく方針。コレクションは春夏、秋冬の年2回の発表を予定している。

 TOKYO BASEでは今春からステュディオスのオリジナル商品の製造販売を休止し、自社オリジナルブランドの拡充を進めている。リノーの立ち上げもその一環としている。今秋にはアスレジャーの新業態を立ち上げる計画だ。

 

Copyright © 2022 Fashionsnap. All rights reserved.