TSI/「ローズバッド」の物流にロボット活用、人手不足に対応

 TSIホールディングスは12月3日、子会社TSI・プロダクション・ネットワーク(以下:TSIPN)がアッカ・インターナショナル(以下:アッカ)、プロロジス、エムジェイファンクションとロボット物流業務について提携すると発表した。

 TSIは、中期経営計画において収益基盤の強化を掲げ、既存の業務フローや内容を抜本的に見直すことにより収益性の改善につなげるビジネス・プロセス・リエンジニアリング(BPR)に取り組んでいる。
 
 物流業界においては、国内における貨物量の増加や人手不足で、インフラを抜本的に改革する必要性があり、グループの生産・物流業務機能を管理するTSIPNがBPRの一環として物流業務のロボット化による業務の安定化と省人化に着手する。
 
 アッカは、アパレルECに必要な業務全般のサービスを提供している。

 

 昨年から、プロロジスが保有する千葉ニュータウンの物流施設(プロロジスパーク千葉ニュータウン)でピッキングロボットGeek+(ギークプラス)を国内で初めて導入し、ロボット物流のノウハウを持つ企業。
 
 同施設に、「ローズバッド」の商品を移管し、ECの商品だけでなく、リアル店舗の商品についてもアッカの持つロボット物流のノウハウを活用していく。
 
 また、リアル店舗向け商品の業務管理システムや、ロボット運用連携において重要なシステムについては、グループの物流業務を熟知している取引先の一つであるエムジェイファンクションのノウハウを活用することにより構築する。
 
 TSIは、プロロジスの保有する成田の施設も使用しており、そのロボット化についても同様にプロロジスを物流戦略のプロジェクトパートナーとして予定している。
 
 さらに、RFIDなどの先進技術も活用することにより、新しい物流ロボティクスの構築を目指す。
 

■今後のスケジュール
2018年12月3日:「ローズバッド」の19年春物商材のロボット物流の運用開始
2019年春:「ローズバッド」の本格運用開始



Copyright © 2018 All rights reserved.

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨産業ビジネスイノベーション
新規登録