×

VFコープ、「ヴァンズ」減速で市場の予想下回る

By
Reuters
掲載日
2019/10/25
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「ヴァンズ(Vans)」や「ザ・ノース・フェイス(The North Face)」などを展開する米VFコープ(VF Corp)が発表した2020年3月期第2四半期(7-9月)決算は、「ヴァンズ」のシューズ需要減速を受け、利益が市場の予想を下回った。


 2020年3月期通期予想に関しては据え置く。
 
 直売モデルとECの強化を図ったVFコープだが、ナイキ(Nike)やアンダーアーマー(Under Armour)といった競合相手に対し、新商品投入やデジタル戦略で遅れを取った。

 「ヴァンズ」の売上高は14%増と、前年同期26%から減速した形だ。
 
 VFコープの純利益は、前年同期5億710万ドル(約550億5900万円)から6億4900万ドル(約704億6600万円)へと増加。
 
 連結売上高は5.4%増の33億9000万ドル(約3680億7600万円)で、RefinitivのIBESデータによるアナリスト予想平均を下回った。
 

(2019年10月25日現在、1米ドル=109円)
 

© Thomson Reuters 2020 All rights reserved.