×
By
fashionsnap
掲載日
2014/11/08
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

Zara姉妹ブランド「ストラディバリウス」大阪に世界最大級の旗艦店オープン

By
fashionsnap
掲載日
2014/11/08

 今春上陸した「Stradivarius(ストラディバリウス)」が、心斎橋に旗艦店をオープンした。世界900店舗目のストアで、約1,400平方メートルと世界最大級の店舗面積を確保。店内には約45,000点ものアイテムを揃えているという。


 「Stradivarius」の旗艦店は、近年ファストファッションブランドの出店が続いている心斎橋筋商店街の難波駅方面に位置し、同じインディテックスグループのブランド「Zara(ザラ)」や「Bershka(ベルシュカ)」も近隣に店舗を構えている。店内は2フロア構成で、モードやカジュアル、ボヘミアンなど幅広いコレクションを展開。1階には日本市場で反応が見込まれるアイテムを中心に、2階では世界的に好評を得ている定番や帽子やベルト、シューズなどの小物類を揃え、各コレクションのテーマごとにディスプレイされている。

 「Stradivarius」は1994年に創業。20代から30代前半をターゲットに、世界60ヵ国で900店舗を展開している。2014年4月に国内1号店を「ららぽーと 甲子園店」にオープンし日本初上陸。その後、「ららぽーと Tokyo-Bay店」の出店で関東進出し現在までに店舗数は8店舗まで店舗数を伸ばしているが、旗艦店のオープンは心斎橋店が初めてとなる。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.