×
581
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

Zozo/澤田宏太郎取締役が社長に昇格

掲載日
today 2019/09/12
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 Zozoは9月12日、ヤフーとの業務提携を機に前澤友作社長が辞任し、同日付で澤田宏太郎取締役が社長に昇格する人事を発表した。

澤田社長


 前澤氏はZozoとの契約関係はなくなるが、創業者として、Zozoの一定のイベントには参加するという。
 
 同日行われた2社の共同記者会見で、澤田社長は、「2社のリソースを結集し、アパレル業界を盛り上げていくことにわくわくしています。ゾゾタウンの事業責任者として、現場の経験も長く持っており、ブランドとのつながりも深いと自負しております。コンサルタントしてキャリアをスタートしており、リアリスト、ニュートラル、安定感をモットーとしています。前澤氏とは真逆です。前澤氏は既成概念を壊していく経営者であり、今のゾゾという会社を大きくしました」。

 「社会や業界への影響も大きくなり、革新も大切ですが、安定的な成長が必要であり、そのパートナーとしてヤフーが最適だと判断させていただきました。ゾゾがつまらない会社になると心配する方がいるかもしれませんが、やんちゃな大人であり続けたいと思っています。非常識、非合理に挑戦しないと成長できない現代、前澤氏とともにそんな場面に直面してきました。会社にその財産を伝えていくことも私の使命であると思っています」とあいさつした。
 
 また「トップダウン経営から、社員一人一人の力を生かす会社に変わります。前澤氏のインスピレーションのもと、実務面で支えてきた社員がたくさんいます。ヤフーとの提携でさらなる成長を目指します」と抱負を語った。
 
 前澤氏は、「ゾゾタウンの事業責任者として、澤田さんはマーケティング、顧客とのリレーションなど全容を深く理解しています。新社長としても適切と思い、社長になってもらえないかとお願いしたら『嫁に聞いてもいいですか』というようなお茶目なところもあり、社内でも社員たちから大変慕われています」と会場を盛り上げ、澤田氏を紹介した。
 

■澤田宏太郎氏略歴
生年月日:1970年12月15日
1994年4月:NTTデータ入社
1998年4月:NTTデータ経営研究所入所
2005年6月:スカイライトコンサルティング入社
2008年5月:スタートトゥデイコンサルティング(2013年8月Zozoに吸収合併)代表取締役
2013年6月:Zozo取締役
2019年9月:代表取締役社長兼CEO




Copyright © 2019 All rights reserved.
 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com